口腔内カメラによる「モニター診療」の魅力をお伝えします!

参加者からのリクエストに合わせ、患者役のスタッフとマネキンでモニター診療のデモンストレーションを実施。口腔内カメラを見ながら治療を行うメリットを理解していただけます。患者の口コミが生まれるモニター診療の魅力について、たっぷりとお伝えします。

 

お申し込みはこちら

日程

5月25日(木)・6月29日(木)・7月27日(木)・8月31日(木)・10月26日(木)

各回14:00~16:00

次回未定

詳細

  • モニター診療のシステムの説明
  • ストレスがなく、疲れない診療姿勢について
  • モニター診療に使いやすい診療台について
  • 口腔内カメラ:モニター診療に使える口腔内カメラの条件とは?
  • 口腔内カメラの機能や操作法の説明
  • テレビ:テレビの機種によって何が違う。最適なサイズは?最適な位置は?
  • 映像反転:そもそもなぜ、映像を反転する必要があるのか。どのような部位でどのように反転させるのか。(術者の位置と撮影したい部位によって反転のさせ方が違う)
  • 口腔内の撮影:片手に口腔内カメラを持って、全顎のすべての歯面を撮影する。
  • 口腔内診査:左手で撮影しながら右手に探針・ピンセットなどをもって歯面をスムーズに触診する。
  • ハミガキ指導の方法:歯ブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロスの使い方・動かし方をその場で患者に見せる。
  • プロービング(歯周病の検査)
  • スケーリング(歯石とり)・クリーニング:下顎前歯部舌側など
  • スケーリング:直視できない臼歯部隣接面・遠心面など
  • カリエスの診査1:患者に見せながら行う視診・触診
  • カリエスの診査2:透照診(抜去歯)で隣接面のカリエスを見つける方法
  • カリエスをエキスカで除去(健全歯質を削らない)
  • 窩洞形成:上顎前歯部舌側・臼歯部咬合面など。タービンの水にどのように対応するか。
  • 窩洞形成:下顎臼歯部咬合面
  • アシスタントの適切なバキュームの使い方
  • 臼歯部のCR充填:歯肉縁に隙間をつくらない・コンタクトをつくる方法
  • CR充填:充填作業中の硬化を防ぐ方法
  • 支台歯形成:上顎臼歯部クラウンの形成(特に軸面形成)
  • 支台歯形成:下顎臼歯部クラウンの形成(特に隣接面・遠心面)
  • クラウンのセット:確実な余剰セメントの除去
  • クラウンの除去(歯を傷めない方法)
  • 残根の抜歯
  • 根管治療:根管口の探索(抜去歯)
  • 根管治療:根管内の観察(抜去歯)
  • 根管治療:根管内のガッタパーチャーの除去(抜去歯)
  • 根管治療:側方加圧根充(抜去歯)

 

このような方におすすめです

  • 診療技術を向上させて患者さんに喜んでもらいたい
  • 患者さんに診療内容や口腔内の状態を分かりやすく伝えたい
  • 診療中の無理な姿勢が原因でおこる腰痛や首の痛みに悩んでいる
  • 年齢からくる視力の衰えに悩んでいる
  • 他の歯科医院と差別化できる技術を知りたい

 

セミナーで得られること

  • モニター診療の最新知識が得られる
  • モニター診療が自分に向いているか判断できる
  • モニター診療とマイクロスコープ診療の違いが分かる

 

開催場所

一般社団法人口腔内カメラ教育センター(ICEC)

〒221-0014神奈川県横浜市神奈川区入江1-26-14
藤江デンタルクリニック内

 

受講料

10,800円(税込)

 

定員

各回8名

 

 お申し込みはこちら 

 

 

モニター診療入門セミナー(見学会)参加者の声

いたさか歯科医院 院長 板阪清明さま

口腔内カメラは、差別化を図る意味で非常に重要だと考え、発売当初から結構投資していました。無線有線、キャスターにモニターをのせてがらがら。画像は綺麗なのですが、運びが面倒で使わなくなりました。

藤江先生のは初期のRFに比べて、格段に綺麗で操作性も抜群。なんと言っても安定した姿勢で治療できることに感動しました。

これで歯科医としての寿命が、15年以上は延びると確信。目にも優しいのと、大量の飛散を防げる。ある意味術者の感染防止にも役立つように思います。

リーズナブルな投資で大きなリターン。創造性溢れる工夫も、随所に見られました。反転不能の為、モニターを逆さにするという考え。凡人では思い付かないことですよ。歴史に残る発明は、こういった行動から生まれるのでしょう。

なんと言っても即実践できること‼️注文して早く治療したいです。

 

 

 

 

 

 

いたさか歯科医院様ホームページ